なり茶工房

本利用規約は、なり茶工房(以下、「本サービス」)の利⽤の際、利用者に遵守していただく事項及び運営と利用者との間の権利義務関係を定めたものです。

第1条 定義

本利用規約において使用する以下の用語は,次の各号に定めるとおりとします。

  1. 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。
  2. 「運営」とは、本サービスの運営者のことをいいます。
  3. 「利⽤者」とは、本サービスを利⽤するすべての⽅をいいます。(本サービスの利⽤とは、アプリケーションソフトウェアの使⽤、ウェブサイトの閲覧等、その態様を問わず、すべての⽅法による利⽤をいいます)
  4. 「コンテンツ」とは、運営又は利用者が本サービスに掲載・発信した情報をいいます。

第2条 規約の同意

  1. 本サービスを利用する利用者は、本利用規約に同意しなければならない。利用者は、本利用規約に有効かつ取消不能な同意をしないかぎり本サービスを利用できません。
  2. 利用者が未成年者である場合は、親権者など法定代理人の同意を得たうえで本サービスを利用してください。
  3. 利⽤者は、本サービスを利⽤した時点で本規約に同意したものとみなされるものとします。

第3条 規約の変更

本規約は、運営が必要と判断する場合、あらかじめ利用者に通知することなく、いつでも、本規約を変更できるものとします。変更後の本規約は、本サービス内の適宜の場所に掲示された時点からその効力を生じるものとし、利用者は本規約の変更後も本サービスを使い続けることにより、変更後の本規約に対する有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。かかる変更の内容を利用者に個別に通知することはいたしかねますので、本サービスをご利用の際には、随時、最新の本規約をご参照ください。

第4条 禁止事項

本サービスの利用に際して、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはいけません。

  1. 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為。
  2. 公の秩序または善良の風俗を害するおそれのある行為。
  3. 過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を、投稿または送信する行為。
  4. 運営または第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる行為。
  5. 同一のコメントを複数回に渡って書き込む行為。その他、運営がスパムを判断する行為。
  6. 運営の認める方法以外で、現金または物品その他の経済上の利益を得ようとする行為。
  7. 営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(運営の認めたものを除きます。)。
  8. 性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為。
  9. 青少年の家出,犯罪その他の非行を誘因または助長する行為。
  10. 残虐性のある情報など他者に不快感を与える情報を送信する行為。
  11. 他の利用者に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為。
  12. 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為。
  13. 宗教活動または宗教団体への勧誘行為。
  14. 本サービスのサーバやネットワークシステムに支障を与える行為、BOT、チートツール、その他の技術的手段を利用してサービスを不正に操作する行為、本サービスの不具合を意図的に利用する行為、同様の質問を必要以上に繰り返す等、運営に対し不当な問い合わせまたは要求をする行為、他の利用者による本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与えるその他の行為。
  15. 運営が不適当と判断した行為。

第5条 本サービスの停止

運営は以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前通知することなく、本サービスの利⽤の⼀部または全部を中断または停⽌することができるものとします。

  1. 本サービスに関わるシステムの点検または保守作業を定期的または緊急に⾏う場合。
  2. 本サービスに関わるシステムが事故により停⽌した場合。
  3. 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供が不能または著しく困難な場合。
  4. その他、運営が本サービスの中断または停⽌が必要と判断した場合。

第6条 利用者の責任

  1. 利用者は、利用者ご自身の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。
  2. 運営は、利用者が本規約に違反して本サービスを利用していると認めた場合、運営が必要かつ適切と判断する措置を講じます。ただし、運営は、かかる違反を防止または是正する義務を負いません。
  3. 利用者は、本サービスを利用したことに起因して(運営がかかる利用を原因とするクレームを第三者より受けた場合を含みます。)、運営が直接的もしくは間接的に何らかの損害(弁護士費用の負担を含みます。)を被った場合、運営の請求にしたがって直ちにこれを補償しなければなりません。

第7条 免責

  1. 本サービスで提供されるコンテンツその他の情報は、その完全性・正確性・適⽤性・有⽤性、第三者権利侵害の有無のいずれについても保証するものではありません。利用者は⾃⼰の責任と判断で、本サービスで提供されるコンテンツを利⽤するものとします。
  2. 本サービスの内容および利⽤により⽣じた利用者の損害(第三者との間で⽣じた紛争等に起因する損害も含みます)および本サービスを利⽤できなかったことにより⽣じた利用者または第三者の損害につき、運営は⼀切の責任を負いません。
  3. 本サービスの確実な提供、アクセス結果、セキュリティ等の品質についても、運営は⼀切保証しません。本サービスが⼀時的に停⽌した場合も含め、本サービスの⽋陥が原因で利用者または第三者に損失や障害が発⽣した場合であっても、⼀切責任を負いません。
  4. 運営は、利用者やコンテンツを監視したり、保存する義務を負いません。
  5. 運営は、利用者同⼠のトラブルに原則として介⼊しないものとし、利用者は運営にトラブルの解決を求めることはできないものとします。ただし、運営は、本サービスの円滑な提供のために必要であると運営が判断した場合には、利用者同⼠のトラブルに介⼊することができるものとします。
  6. 利用者が本サービス上に情報を掲載する場合、すべて⾃⼰の責任で⾏うものとし、何らかのクレーム請求その他トラブルが⽣じた場合には利用者⾃らが解決し、運営は⼀切の責任を負わないものとする。
  7. 運営は、本サービスおよび第三者のウェブサイトからのダウンロードやコンピューターウイルス感染などにより発⽣した、コンピュータ、回線、ソフトウェア等の損害について、賠償する義務を⼀切背負わないものとする。
  8. 利用者に対して事前通告なく本サービスの内容、名称、仕様等を変更する場合があります。これらの変更により⽣じた利用者または第三者に発⽣した損害については、運営は⼀切の責任を負わないものとする。
  9. 運営は、本サービスに起因して利用者に生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する運営と利用者との間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されません。

附則
2019年1月10日制定